暮らしのねっこ

食と暮らしの豊かさをもとめて

作りやすさを第一に。

6月の料理の会を終えました。
今月は二番出汁の活用がテーマでした。
普段の雑談からも二番出しを活用されている方はほぼいらっしゃらない模様ですが、本当にカンタンにとれる上におかずが美味しくなるので是非また取り上げたいと思っています。

昨日は毎回参加してくださっている方に、「今までのレシピのどれかを週に一度は作っている」とお聞きしました。必ずどこの家にもありそうな材料で使うことと、作りやすさを念頭においてレシピを作っているので何より嬉しいお言葉です!

7月は普段もおいしく食べれるしアウトドアでもお役に立てそうな一鍋で作れる野菜とチキンの蒸し焼きを作ります。

                                                                    • -

7月【お鍋1つでもできる蒸焼き料理 アウトドアにもパーティーにも!】

〈内容〉鶏と野菜の蒸焼き・サラダとドレッシング作り・雑穀とひよこ豆のごはん
〈日時〉7月8日(日)7月11日(水)11:00〜14:30※一回完結です
〈参加費〉おとな/3000円・こども/500円

やりたいことには手を出してみる

こどもたちがちょっと早く寝てくれたのでまたレッスンバッグを作りました。

きょうはこどの選んだ布で。

どれだけのレッスンしてるんだ!と思っちゃうけど、学校の授業に移動をスムーズにするためのバッグで学校から用意を催促されたものだったりします。やっと作り終わった〜!

昔は、お裁縫気分のためか滅多に履かないスカートを何故かわざわざ履いちゃうから布の裁断の時に一緒にスカートまで切ってしまったりとか、縫わなくていい布を一緒に縫いこんでしまったり、信じられないほど不器用で。

ハンドメイドに憧れはある。だけど苦手〜。。だったのにスキマ時間にミシンを使って物を作るなんて当時から考えて信じられないこと!!40にしてちょっぴりお裁縫と仲良くなってきた気がします。

子供のためになにか作りたい!でもできない〜という気持ちがある人がいたら一緒に作ることで諦めずにチャレンジしてもらえるなら是非声をかけて欲しいと思う。1人じゃできなくても一度一緒にやってしまえばやれるかも?!

料理の会の日曜の部はごちゃまぜの会

日曜の料理の会。
うちの子供たちが日常通りに遊んでいるので、テーブルの脇には寝室から布団を持ってきてお昼寝ごっこを展開したり、おもちゃもごろごろ転がっています!

そんな環境でも気にせずくつろいで(?)くれる方々のおかげで、子供が話に割って入ってくることもあって思考回路がパニックになりかけながら(いつもの感覚で作るのとは違って、事前に煮詰めたレシピに沿っていることもあり頭を使う!)「もう日曜はやめよう…」と思いつつ、ごちゃまぜの環境こそ料理をつくる日常。そんなお互い様の料理教室があってもいいなぁ。と開き直って、たまにだけどまたやろう!と思えるのでした。有難いです。

深夜のレッスンバッグ作り

平日夜にバッグを作りました!
まるで器用な人みたい!

おたまさんがグリーンピースの鞘外しを手伝ってくれました。子供ってこういうの好きだね。

グリーンピースのお豆の並んだところとバッグの柄がそっくりじゃない?!と思って二枚画像を並べてみました。

おいしい炒飯の作り方発見!

今日はすごい発見をした!

グリーンピースご飯の残りを卵を加えて、塩と醤油を加えて炒飯にしたら、たったそれだけで紛れもなく中華屋さんのお味になった!
グリーンピースぢから、すごい…!

季節の食材はその時期の身体に必要なもの

6月の料理会のおしらせです。

レシピを考えるとき、食養生本を参考にすることもあるけれど、大抵は季節の食材を使ってその時に美味しく感じるもの、食べたいものからの発想で作っています。

6月の主菜のテーマは豆腐あんかけ。
疲れが出ている上に慌ただしい夕食作りタイムになるべく手軽に再現していただける組み合わせを考えていて特に気に入ったのが、お豆腐、かぼちゃ、トマト、豚肉の組み合わせでした。

そして先日、中医学の梅雨時食養生のポイントを眺めていると、今回の食材が全部載っていました!
やはりその時期の身体の状態にぴったりな食べ物を探るのは大事なことだなという思いが深まります。

湿度の高い時期、身体の内部に溜まった湿度を逃すために豆腐やキャベツ、(当初予定していた枝豆など)などが有効、発汗で『気』が失われていくので補気には豚、かぼちゃが良いそう。また身体の疲れをとりイライラを沈めるためにも豆腐!水分を補うために豆腐!そしてトマトやきゅうりも良いそうです。

そもそも大豆が身体を冷やしてくれる食べ物なのですね。

汁の実にも湿取り食材を取り入れた簡単レシピをご紹介します!

余計な添加物を省き、丁寧に作られた食材で作る料理は身体が喜ぶので必然的に美味しく感じるものです。
無添加料理って食べたことない、興味はあるけどどうしたら良いかわからないという方もお気軽にいらしてください!きっと食生活や体調に変化が起こります。

————
6/10(日) 11:00〜 空き2席
6/13(水) 11:00〜 空き3席

場所/西東京市自宅
予約またはお問い合わせ後にご連絡いたします

他レシピ・詳しくはこちらをご覧ください
http://thiscycle.hateblo.jp/entry/2018/05/17/104124

ご予約はメッセージからおねがいします

                                              • -

家族考

家族のバランスを探しながら。
今月半ばに控えるレジャーはどちらかといえばだんなの好きなこと。
元来お互いに頑固なので気が向かないイベントに付き合うのはちょっぴりでも魂を削るような大ごとになる。

キャンプで今年初の川遊び。
家ではついつい家事沢山の週末になるけど子供とたくさん遊べたし、山の中は気持ちよかった!
というのはわたしの体感と感想。

真逆のようなところを持っていると一緒にはいられないのか?
逆もまた真なりで、撫で回している表面的な部分は全く別のものであっても、言葉には置き換えることのない本質の部分は案外一緒のものなんだと思ったりしていた。
表面的噛み合わせ重視か、終着点の想像を含めた関係性を楽しみにしつつ過ごすか、帳尻の合わせ方に違いがあって、一緒にいる感触が全く別のものになっているのが悲しいのです。今は。

バランスをとることを怠るようになったら、家族って何のための団体なんだろう。

大事なものがずれたら、納得する部分が変わったら、それで終わり、解散!でも良いような気もする。いびつな家族の形をやむを得ないかもしれない事情でとってる人が(不倫とか別居とか子供が小さいのに離婚とか)世間で良く言われないのをみると、個人らしさよりも家族という形式を維持するということ自体が大事なんだろうか。不倫もまた不倫する同士だけでなく周りも含めたバランス取りの一時的な形だとも思ったりするんだけど。そして自分はどうしたいんだろ。

形はそれぞれだと思うけど、自分にとっての家族の形を探っています。