暮らしのねっこ

食と暮らしの豊かさをもとめて

季節の食材はその時期の身体に必要なもの

6月の料理会のおしらせです。

レシピを考えるとき、食養生本を参考にすることもあるけれど、大抵は季節の食材を使ってその時に美味しく感じるもの、食べたいものからの発想で作っています。

6月の主菜のテーマは豆腐あんかけ。
疲れが出ている上に慌ただしい夕食作りタイムになるべく手軽に再現していただける組み合わせを考えていて特に気に入ったのが、お豆腐、かぼちゃ、トマト、豚肉の組み合わせでした。

そして先日、中医学の梅雨時食養生のポイントを眺めていると、今回の食材が全部載っていました!
やはりその時期の身体の状態にぴったりな食べ物を探るのは大事なことだなという思いが深まります。

湿度の高い時期、身体の内部に溜まった湿度を逃すために豆腐やキャベツ、(当初予定していた枝豆など)などが有効、発汗で『気』が失われていくので補気には豚、かぼちゃが良いそう。また身体の疲れをとりイライラを沈めるためにも豆腐!水分を補うために豆腐!そしてトマトやきゅうりも良いそうです。

そもそも大豆が身体を冷やしてくれる食べ物なのですね。

汁の実にも湿取り食材を取り入れた簡単レシピをご紹介します!

余計な添加物を省き、丁寧に作られた食材で作る料理は身体が喜ぶので必然的に美味しく感じるものです。
無添加料理って食べたことない、興味はあるけどどうしたら良いかわからないという方もお気軽にいらしてください!きっと食生活や体調に変化が起こります。

————
6/10(日) 11:00〜 空き2席
6/13(水) 11:00〜 空き3席

場所/西東京市自宅
予約またはお問い合わせ後にご連絡いたします

他レシピ・詳しくはこちらをご覧ください
http://thiscycle.hateblo.jp/entry/2018/05/17/104124

ご予約はメッセージからおねがいします

                                              • -