暮らしのねっこ

食と暮らしの豊かさをもとめて

こどもとおやつ作り

日曜日はどこへもでかけず、家の気になるところを整えまくりました!

押入れ、ベランダ、サイズアウトした子供服、粗大ゴミの処分を旦那に依頼…などなど。

ベランダの鉢植えも要らないものは処分して並べ替えただけで草木がしゃっきりしてくるので不思議なものです。
こうしてモノのエネルギーの変化を感じることが大好きです。


そしておやつの時間、子供とクレープを作りました!


ケーキ屋さんをされていた方からいただいたクレープパンで作ります。
腕がなくてもそれはもうステキな出来栄え。使い込まれた道具の素晴らしさ!

レモンカードもついでに一緒に作ってクレープに包んで食べました。


こどもたちの食の感想。

「イオンとかで売っているクレープは食べるまではすごく美味しそう。だけど食べると気持ち悪くなるけど、うちで作るものは食べ終わってもそういう風にはならなくて、また食べたくなる!」

と嬉しいことをいってくれました!

お店で売っているクレープはクリームやフルーツ入りなのに何ともお手頃な価格です。安くあげるにはそれなりの理由が材料に込められているから。

お値段ありきでモノを選ぶことに慣れすぎると、この気持ち悪さに気がつかないふりが上手になる気がします。
毎日ご馳走でなくても良いから本物の材料で出来たものをたまに味わえたら良い。じぶんの感覚には素直でいたいものです。