暮らしのねっこ

食と暮らしの豊かさをもとめて

幼児園どんぐりころころさんのマルシェ

どんぐりころころ幼児園さんでのマルシェ。
おにぎり販売で参加しました。


おかげさまでほぼ完売で、パンとおにぎりは主食同士みたいだけど共存できるんだなーっていうのが面白かった。おにぎりだけは大先生と崇めたくなる腕前のだんな評によれば、少しにぎりすぎとのこと。お鍋炊きの方は良かったけれど20合炊きの方のお米は底の米がずっしりしてしまっておにぎり向きには適さないみたい。どうやって鍋を使い回して炊くか短時間で炊くか。次の課題です。

とても素敵な幼児園でした。
うちの娘の保育園を探していた時にも進めてくれた人がいたけれど、幼稚園なので見学にも行かなかったことを後悔!

マルシェの場にいて感じたことは、規模拡大を目指すのではなく、自分の頃合いを見極め深めていくことの大切さと豊かさ。本当にちょうどいいところにいる時のじぶんと周りの人の心地よい関係性。集う人の気持ちよさが相まって場所も本当に気持ちの良く感じられる園です。保活の方もいらっしゃいましたが他人事ながらプッシュさせていただきました!笑

わたしにとって仕事と心地よさの兼ね合い、
豊かさと効率、生産性の相反する面については日日常を通しての観察課題なんだと捉えていて、ゴールも分からないまま牛歩しているところなのです。