暮らしのねっこ

食と暮らしの豊かさをもとめて

こども・おかいもの記

食材のお買い物にはこだわりのあるこの人。

休日の大人の買い物の付き合いでつまらないだろうと思った時に、お小遣いを500円あげた。1日かけて何を買うか迷ったりして楽しめたらいいなーという思惑から外れて「これで野菜を買って自分で料理をしたい」と、あげたそばから決めちゃったもので、早く八百屋さんへ連れてってー!いつ家に帰れる?とせがまれる1日になってしまったり。

ママは来ないで。といって一人で食材のお使いをしたがってみたり。ちゃっかり自分の欲しいガムもレジに持っていくあたりの決断ができるところは立派!笑(お金が足りずレジの人にお使い分を調整してもらっていた)

小さい時から危なっかしくカートを押したがった商品選びをしたがるのはもちろんのこと、割れ物も入った重いカゴをレジ台に自分で置きたがったり、お金の受け渡しも袋詰めも自分で。正直めんどくさいから一緒に買い物をしたくないタイプなんですが、そこは今しか出来ないことでもあり、わたしの精神修養だと思って。

昨日はカブや大根を買うと、袋詰めしながら葉を食べ始め、家に着くまでむしってはもしゃもしゃ食べていた。生食、オススメだそうです!