暮らしのねっこ

食と暮らしの豊かさをもとめて

こども新聞

[妹に触発されてお姉さんも新聞を書く]の巻。

付箋に書かれた新聞はうちの壁に掲示されていたものを拾ったもの。読みにくいので解説をいれると、タイトルと内容は
『とうきょうしんぶん みんなでくらせる ひろばができるほうが いいですね』
隣にはとうきょう発信の広告のようなもの付き 笑

今日はわたしだけ働きに出かけ1日留守にしていたけれど、帰ってきたらおねえのほうも新聞書いてあった。

妹の方はサクッと次へ進むんだけど、この人はこういうことに細かく夢中になりすぎていつもご飯をちゃんと食べないし、ルーティンワーク的なことはすごくルーズになりがちで、おまけに力尽きて自分自身のコントロール不能になるまで続けるところが、良いところでもあり時には悩みの種になったりもする部分なんです。